カードローンを使う時の在籍確認とは - カードローン審査・在籍確認徹底解説

カードローンを使う時の在籍確認とは

カードローンを使う時の在籍確認とは

カードローンを使う時に必ず行われる在籍確認ですが、これはどのような意味があるのでしょうか?
在籍確認に至るまでの流れとしてはまず希望のプランに申し込み、その後審査を行う過程の中で行われます。

審査は申し込みをした人の信頼性を確かめるために申し込み用紙に記入した情報や提出された必要書類を基にしてするので、まずはここでミスのないようにしなければなりません。
記入した情報にミスがあるとこちらはただの間違いだと思っていても業者側には虚偽の申告と判断されてしまう可能性があります。

審査に一度落ちると再度申し込みをするまでに少し時間を空けなければなりませんし、すぐにお金を借りたい人にとっては大きなマイナスになります。
なぜ時間を空けなければならないのかと言うと、カードローンの審査時には信用情報機関で情報開示を行い申し込みをした人が過去にどういうところを利用したのか調べられるからです。
たとえば審査落ちした後すぐに別のところに申し込むと、審査落ちしたことが分かってしまいますから何かしらマイナスの情報があったのではないかと疑問を持たれてしまう可能性があります。
そうすると業者側は敬遠しがちになり、審査に通りにくくなってしまうので新たな申し込みは時間を空けたほうがいいのです。

このように提出する情報はすべて正しいものでなければカードローンの利用自体が難しくなってしまいますので注意しましょう。
そして冒頭で触れた在籍確認も審査の一環として行われるので、これができなければ融資を受けることはできません。

在籍確認は申し込みをした人の勤務先に連絡を入れ、本当にそこで勤務しているか確かめる意味合いがありますからカードローンを扱う業者の多くが行っています。
ただし電話する際には業者名を名乗ることはありませんし、個人名でかけますから怪しまれたりする心配はありません。

カードローンを使おうと思っている人は在籍確認を含め審査がスムーズに進むように正しい情報を提出することを心がけましょう。